NEWS

限定【社長の手取りを最大化する手法ノウハウ集】を無料進呈!
  1. 新着情報
  2. 限定【社長の手取りを最大化する手法ノウハウ集】を無料進呈!

ご予約・お問い合わせ

075-778-5469

075-778-5469

2018/11/06

限定【社長の手取りを最大化する手法ノウハウ集】を無料進呈!

今すぐあなたの手取りを増やしてみせます!オーナー経営者様必見!
法人と個人の支出は1円も変えず、社長の可処分所得を「ドカン」と最大化する!ノウハウ集を無料進呈します。

今からご紹介するのはオーナー企業の手元キャシュ最大化するノウハウです。これはオーナー経営者なら間違いなく「何それ?詳しく聞かせてよ!」と“前のめり”になるようなお話です。
「稼いでもお金が残らない…」
これが多くのオーナー社長が抱える悩みです。オーナー社長なら誰もが手元に残るキャッシュを増やしたいと考えています。なぜなら、会社に何かあったとき最終的に頼りになるのは社長個人の財産だからです。

通常、社長の手取りを増やすには報酬を上げるしかありません。しかし、報酬を上げれば「税金」と「社会保険料」の高額な負担が待っています。国は「給与所得控除」の縮小などで個人の課税を強化していますし、社会保険料も増え続け、最終的に労使合計で約31.5%もの負担になります。
そうかといって、単純に役員報酬を減らせば「税金」と「社会保険料」の負担は減りますが、同時に手取りも減ってしまいます。役員報酬を減らした分、法人の利益が増えて課税されるケースもあるでしょう。まさに「前門の虎、後門の狼」です。

では、どうすればいいのか?
それを解決するのが「社長の手取りを最大化する手法」なのです。社長の手取りを最大化するには「税」と「社会保険料」の負担を最小限に抑えて、手元に残るお金を増やす。これが鉄則です。実は、社長が知らない、あるいは誰からも教えてもらったことがないだけで、方法はいろいろあります。
顧問税理士がいるといっても、税理士の仕事は正しく税務申告することです。社長の手取りを最大化することではありません。そこで今回、社長の手取りを最大化す15の手法のうち“5 つの手法”を公開した小冊子を無料進呈することにいたしました。

無料小冊子のお申込みは簡単です。今すぐ以下、「お問い合わせフォームはこちら」からお申込みください。「郵送」でお届けしております。無料小冊子はお申込み後、3営業日程度でお届けします。ただし、部数に限りがあります。配布終了になる前にお急ぎください。
それではあなたからのお申込みを、お待ちしております!

申し込み先
FPプラス株式会社
以下「お問い合わせフォームはこちら」からお申込                                  
お問い合わせ内容に「社長の手取りを最大化する手法ノウハウ集無料進呈」とご記載ください。   

戻る

お問い合わせ・ご予約はこちら

まずはお気軽にご相談・お問い合わせ下さい。

Page Top